2007年08月29日

痛風を患ってから、改めて食生活(食事)を思い返すと…

それでは、病院に行って医者に痛風と宣告された前回の続き。

と、その前にワタクシ自身のスペックから。
■年齢:30代前半
■性別:男
■身長・体重:176kg・72kg
■その他:焼酎・チューハイ好き。ただし、ビールは飲めない。仕事はデスクワーク中心なので慢性的に運動不足。煙草は吸わない。

こんな感じ。
で、痛風である。
食生活を思い返せば思い当たるフシが……ある。


まず、ほとんど毎日、帰宅後に焼酎やチューハイを呑んでいた。
あるいは両方。焼酎はロックで、コーラで割ったりもしていた。
ピッチが早いので、結構な量を呑んでいたと思う。

さらにここ1〜2ヶ月は近所の焼き鳥屋で、鶏キモのお造りや焼き鳥を夕食代わりにする事もあった。
と言ってもそれは多くても週に一回程度。
それまでは月に一回あるかないかだったんだが…
(普段の夕食は自炊、もしくは和食の食堂で煮物など食べて、なるべくバランスの良い食事を心がけていた”つもり”だった。)


で、痛風である。
一番大きいのがこの2点だったと思う。
後に知るわけだが、好物だった鶏キモ(レバー)なんかは痛風にとって相当良くないようだ。

『健康診断で肝臓に異常無かったから、毎日呑んでも大丈夫!』
とか思っちゃいけない。
大丈夫じゃないンである。

『週に一回ぐらい焼き鳥屋で晩飯食っても大丈夫!』
とか思っちゃいけない。
大丈夫じゃないンである。

もちろん、痛風になったのはそれだけが要因じゃないだろうが…
とにかく、なってしまったものはしょうがない。
食事制限するしかないのだ。
でも、何を食べたら良いンだろう?
明日以降はその辺を綴っていこうと思う。


(今はまだ痛風発作の症状が治まらない…相当痛いンだ、コレ。)
posted by 酒好き焼酎好き at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風と食事制限(食事療法)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53673042

この記事へのトラックバック