2007年09月02日

痛風の薬 コルヒチン

週末は出張の予定だったンですが、あまりに足が痛むので事情を説明し、延期にしてもらいました。
その日はそのまま会社はお休みさせてもらい、最初に行った大病院ではなく、足を引きずりながら近所の小さなクリニックへ。

というのも痛風について調べるうち、どうやら「コルヒチン」という薬が痛風発作には有効らしいという情報を得、それなら何故あの医者はコルヒチンを処方してくれなかったのだろう?という微妙な不信感(?)から、別の医者にかかろうと思い立った訳です。


で、そのクリニックの医者に早速コルヒチンの事を訊いてみると、「昔は特効薬のように言われたけど、最近はあまり使われないよ」との事。
どうやらコルヒチンが処方されなかったのは、それほどおかしな事ではなったようです。
最近は使われてないという理由を訊けば良かったンですが、それは忘れました(笑


ちなみに、痛風手帳には『発作の起こり始めに、「これはくるぞ」というような前兆症状があれば、コルヒチン1錠が有効です』とありました。
『起こり始め』なので起こってからでは遅いンでしょうか。
よく分かりませんが。

ロキソニンがここ数日あまり効かないという話をすると、「ナイキサン」を処方されました。
あと、ロキソニンは本来保険の効かない薬であるが、よく処方されているとの事。(そうなのか?


土曜、日曜と日を重ねるごとに足が楽になっていき、本日(日曜日)は自宅の中を自由に歩き回れるほどに発作の症状が治まってきました。
嗚呼!健康第一!
歩けるってすばらしい!


という訳で、明日は普通に電車通勤できそうです。
それではまた。
posted by 酒好き焼酎好き at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の薬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53679046

この記事へのトラックバック