2007年12月02日

きのこの炊き込みご飯

先日の記事で「季節柄、きのこの炊き込みご飯に挑戦してみたいけど…」
と書きましたが、今日初めての炊き込みご飯の挑戦と相成りましたので痛風レシピとしてアップしておきます。

どうせならたくさん炊いて、明日以降も食べられるようにしておきたいので米は3合。
つゆはどこのスーパーでも売ってるようなつゆ。
ちなみに、つゆはプリン体の事を考えて、いつも「かつおつゆ」ではなく「昆布つゆ」を選んでます。
(魚介類より海草で!)
これは気休めかもしれませんがね。
昆布つゆでもかつおエキス入っているしね。

まそれは置いといて。
煮物にも使える普通のです。

さらに具ですが、これはもう好きな具を入れたら良いと思います。
今回は、「ぶなしめじ」「ごぼう」「にんじん」を選んでみました。
(やっぱり痛風患者的には、きのこ類は外せないでしょう。)

あとは、
【1】米をといで、水の代わりにつゆを入れる。
【2】その上に具を乗せる
【3】炊飯器にセット!

具を入れてからつゆを入れると水かさが分かりづらくなるので、具は後で入れましょう。


↓出来上がり!
きのこ、にんじん、ごぼうの炊き込みご飯


初めての割には良くできたかな。
ただ、もう少し味を濃くして、具を多めにしておけば良かったかも。


今回の材料
ぶなしめじ:一袋の3/4
ごぼう:1.5本分
にんじん:1/2本
米:3合
つゆ:3合分
posted by 酒好き焼酎好き at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風食事療法のための料理レシピ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70582130

この記事へのトラックバック